読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

火鍋なのに氷を入れる中国の氷火鍋って何なの?

海外ネタ

f:id:amateur-challenger:20151008103924j:plain

(捜狗百科:冰火锅より)

火鍋なのに氷を入れる中国の氷火鍋って何なの?

中国の創作火鍋料理で面白いものを見つけました。
中国の火鍋は種類も多く、また人気の料理ですので火鍋レストランというのは競争が厳しい世界のようです。競争による値下げ等の影響からか、売り上げから直接コストを差し引いた粗利益が既に現在30%あたりまで落ち込んでいるそうです。そんな状況の中で、この氷火鍋はメインストリームな火鍋業界の競争を避けることに成功し、新奇なものを好む若者というニッチな市場をつかむことに成功しているようです。

f:id:amateur-challenger:20151008104647j:plain

(捜狗百科:冰火锅より)

f:id:amateur-challenger:20151008104656j:plain

(捜狗百科:冰火锅より)

煮立った鍋のスープに氷の塊を入れて、氷を溶かしながら、野菜や肉を食べるとの事。
氷が全体的な鍋の温度を下げるので、夏場に鍋を食べたときに暑くて汗がだらだらという心配が無く、またスープは夏バテ解消に効果のある材料で作られているらしいです。
夏場に最適な鍋ということですかな・・?。

百科を読んでいて思ったのが、でも沸騰した鍋に氷なんて入れてもすぐ溶けてしまうだろうし、味が薄くなって不味いんじゃないかな?と。
あまりそこらへんについての説明は書いていなかったのですが、油と氷の沸点の違いにより火鍋を食べている時に、鍋の中に氷が残っている・・というクダリが書いてあったので、推測すると氷は油系のスープを凍らしたものなのだろうかと・・。
まあ普通の氷だと味が薄くなるし、すぐ溶けてしまうからそうなのでしょうか。

しかし、まあなかなか面白い発想のメニューではありますよね。
夏場に売り上げがどうしても落ちる鍋料理専門店にはいいかもしれませんね。
やっぱり飲食業界も色々と生き残りをかけてやっているのは、日本も中国も同じなんでしょうね。

それにしても、冒頭でも書いた粗利30%ってそんなに低いんでしょうか?
以下の部分、

目前普通火锅毛利润已杀到30%左右,冰火锅独特的烫菜方式对青年人很有吸引力,避免了与大品牌火锅的同台竞争。

 (捜狗百科:冰火锅より)

訳:現在、一般的な火鍋の直接的コストを引いた粗利益は30%前後まで落ち込んでいる、氷火鍋の独特なスタイルは若者の心をつかみ、大手チェーンと同じ土台で競争することは避けられている。

この部分に書いてたんです。

粗利が分からない・・、日本の飲食の基準から考えるとどうなんだろう。