英単語で分からないものが出てきたときに画像検索にかけるのってありな話

http://www.flickr.com/photos/34345942@N00/527578924

photo by .nate

英単語で分からないものが出てきたとき画像検索にかけるのってありな話

もうタイトルが記事の中で言いたい事そのままのような記事です。
英語もしくは他の言語でもそうなのですが、ニュース記事等を読んでいて分からない単語って絶対に出てきますよね。そんなとき紙の辞書でもオンラインの辞書でもいいのですが、辞書でその英単語を調べますよね。でも英英辞書や英日辞書を読んでもいまいち何を言っているのか分からない。どんなものなのかイメージが湧かないってこと、ひょっとして結構多くないでしょうか?そんなときにお勧めしたいのが出てきた単語で画像検索してしまう方法なんです。

画像検索すると一発で分かることがあるジャンル例

・ファッション系、デザイン系

これは一番わかりやすい例かもしれません。
画像を見ると一発でどういうものか分かることが多いです。
特に女性物のファッションの用語は本当に知らないと分かりにくい気がします。
私も男なのでぜんぜん分かりません・・。

例えば、kitten heels、stilletos、torso dress、flair dress、keyhole dress、cutback dress、 high waisted jeans等、英語の説明だけを説明を読んでもいまいち分かりにくいですが、
画像で見ると、もしくは画像を見た後で説明文を読むと分かりやすいです。

例えば、上記だとKitten heelのwikipediaの説明がこれ。

A kitten heel is a short, slender heel, usually from 3.5 centimeters (1.5 inches) to 4.75 centimeters (1.75 inches) high with a slight curve setting the heel in from the back edge of the shoe.

(Wikidediaより)
キッティンヒールは、背が低くてスッとした見かけのヒールで、通常、高さは3.5cm~4.75cm。靴の背の部分から内側にゆるやかなカーブのフォルムを持つ。

ってこれで何か分かりますかね・・?

f:id:amateur-challenger:20150919121505j:plain

画像で見ると⇒ああ、結構フラットなヒールの事を言ってるのか。
と、一発で分かったりします。
画像検索にかけるとフラットなヒールがたくさん出てきます。

ちなみにstilletosを検索にかけると背の高いピンヒールがたくさん出てきます。

あと、髪型の説明も文字よりも画像検索で分かることもありますよ!

・医療系、生物系

何かの腺、部分の名前なども画像で検索するとこの臓器のこの部分などが図示されているものが出てきたりして非常にイメージしやすくなったりします。

・機械部品、パーツの名前

このパーツの名前、例えば車の部品だとして、画像検索をするとこの部分の一部分なのかと一発で分かったりします。辞書の説明って材質や機能などの説明から入ったりして、いまいちどういう形なのかイメージできないことも多いです。

・建物の構造の名前等

Skylight⇒天窓、これは辞書ですぐ分かります。

さらに、Skylight Cellular Shadesというものが出てきました。

これは辞書にはのってなくて、画像検索をすると天窓をカバーする日除けが出てきました。Cellularで透過性の素材のといった意味、Shadeでシェードの意味というところから推測するよりも画像で検索すれば「ああ!」と一発で納得です。

Light Filtering Cellular

これも同じように出てきましたが、光を調節するための透過性の、といった感じの意味だと思いますが、画像検索すると窓を覆う薄いシェードやブラインドが出てきます。語の組み合わせで推測するより速いですよね。

説明を読むよりも、
どんどん画像検索にかけていくほうが視覚から一発で分かることもある!

ので意外と役に立つ方法だと個人的には思ってます・・。
意外とやってないんですよ、これ。言われれば当たり前のようですけどね。
知り合いが頑張ってYahooニュースの医療系ニュースを見ていて、オンライン辞書で調べている様子を見て、今回の記事を書こうと思いました。

 

上記以外のジャンルの言葉でも、一応画像検索にかけてみると、分かりやすい説明図が出てきたりしてイメージが湧くこともありますよ。説明を読んでも形状やら材質などの説明がごちゃごちゃと書かれていてイマイチ何を言っているのか分からないときに、ジャンルが何であれ一応画像検索にかけてみるのも良いかもしれません。もし分かればラッキーです。

検索した画像を保存して、説明文を書いてフラッシュカード化するのも良いと思います。最近ではそうしたフリーソフトもありますよね。たしかAnkiにもそんな機能があった気がします(不確か)。

やっていない方は意外とお勧めな方法なので是非!
それでは、こんな感じでまた!