読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ぼくは、小野さんが作ったギョーザだったら、三十个は大丈夫ですよ。」中国人の心に残る日本語フレーズはこちらです・・

海外ネタ

http://www.flickr.com/photos/29487767@N02/2833485265

photo by Daniela Hartmann (alles-schlumpf)

中国人の心に残る日本語フレーズはこちらです

日本と中国の間に政治的な問題は数多く存在しますが、それでも依然として、中国には多くの日本語学習者が存在し、かつ熱心な日本ファンも多いんです。
そして日本語学習者数において、中国は1位なんです。
そんな中国の日本語学習者の記憶に残る、心に残るフレーズを話し合うスレッドが中国の掲示板に立っていたので、その一部を紹介したいと思います。

参照:http://www.zhihu.com/question/24729523(中国語掲示板)

① 「ぼくは、小野さんが作ったギョーザだったら、
   三十个は大丈夫ですよ。」

(新标准日本语初级下。35课。より)

なんでしょうこれ・・、どういう場面なんだろうと思ったら、
日本語学習の教科書の一場面に出てくるようです。
そして、は日本語でなんですが、変換ミスしてますね。

どういうシーンなんでしょう・・?
小野さんの事が好きなの?ねえ・・好きなの?って場面なんでしょうか?
もう食べられそうもないほど、満腹なのに小野さんを傷つけまいとして・・(泣)というシーンということなのでしょうか・・?
誰かこの本をご存知の日本語を学習している方がいましたら教えてください。

しかし、このフレーズを入れてくるあたりかなりの強者の雰囲気がします。

② 「頭も悪い、顔も悪い、スポーツもなんにも
   できない。より好みできる身分か。」

(ドラことば - 心に響くドラえもん名言集 - 小学館 - より)

これどっかで聞き覚えあるんですよね(笑)。シーンは覚えていないんですけど、
この言葉だけ見た、もしくは聞いた記憶が何となくあるんです。
結構ドラえもんってキツイ事いいますよね(笑)

③ 「いいじゃないかおくれても、最後までがんばれ。」
(ドラことば - 心に響くドラえもん名言集 - 小学館 - より)

これもドラえもんの名言からですね。
何というか作者の人柄って伝わってきますよね。昔はこの類のアニメの中の名言集って正直ちょっと馬鹿にしたところもありました。でも、これってキャラの台詞を通して作者の人間性とかが見えるのかもって、今は思うようになったんですよね。
この言葉なんて本当に作者の姿勢なんかが見えますよね。

ドラことば心に響くドラえもん名言集

ドラことば心に響くドラえもん名言集

 

 ④ 「生まれて、すみません。」

(人間失格-太宰治)

人間失格って太宰治の有名な小説ですよね。名前はもちろん知っているのですが、実際に手にとって読んだことはないですね。何か暗そうな小説だなーと勝手に想像して敬遠してしまいます。しかし、このフレーズは・・。
それにしても純文学?からのフレーズとは高尚ですよね。

人間失格

人間失格

 

 ⑤ 「明日死ぬとしたら生き方が変わるんですか?

   あなたの今の生き方は、
   どれくらい生きるつもりの生き方なんですか? 」

(伊坂幸太郎終末のフール)

何でしょう・・、この小説を読んだことがないのですが、何やらカッコイイ台詞な気がします。勝手に解釈すると、生き方について確固たる自分の姿勢を持てって事が言いたいのでしょうかね・・?どう思います?読んだことのある方がいましたら教えてください。この人の小説読んだことないな・・。

終末のフール (集英社文庫)

終末のフール (集英社文庫)

 

 ⑥ 「未来で待ってる。」
   「うん、すぐ行く、走って行く。」

(時をかける少女より)

時をかける少女・・、中国でパクリの描写があったとか話題になったことを思い出しました。中国の作品の構図?がそっくりだとか何とか・・。
これも未視聴ですね。

時をかける少女 [Blu-ray]

時をかける少女 [Blu-ray]

 

 ⑦ 「完璧を目指すよりまず終わらせろ」

(ザッカーバーグの言葉)

いやいや、元々ザッカーバーグの言葉で、それを翻訳したものを推挙ですか・・。
これは日本語フレーズに入れていいのだろうか・・・。

⑧ 「天気がいいから、散歩しましょう」

(不明)

誰ですか(笑)近所の人の台詞か何かでしょうか。
どこかのアニメや漫画、ドラマの台詞かもしれないですが、ありふれたフレーズ過ぎて出自は分からないですね・・。うーん、このフレーズの何が心を捕らえたのだろう。

⑨ 「死ぬことばかり考えてしまうのは
          きっと生きる事に真面目すぎるから」

中島美嘉僕が死のうと思ったのは

歌の歌詞のようですね・・。あんまり音楽を聴かないので分からないですね・・。
まあ聴くんですけど・・、マニアックすぎて音楽ねたは書けません(笑)

⑩ シンジ 『マーちゃん、
                       俺たちもう終わっちゃったのかな?』

  マサル 『バカ野郎ぉ! まだ始まっちゃいねーよ!』

(北野武キッズ・リターン)

すごい、台詞をお気に入りにしたものですね(笑)
なにこれですよ・・。結構古い北野武監督の作品からのようです。

キッズ・リターン』(Kids Return)は、1996年に公開された日本映画北野武の6作目となる監督作品。オフィス北野バンダイビジュアルによる製作。

 (wikipediaより)

何かすごいベタベタな台詞な気もしますが・・。
金子賢、若いというか、髪形・・

 

どうでした?中国の日本語学習者の皆さんはこういった素晴らしい教材で、日本語を学習しているんですね!ん?

では!強制終了。