韓国の14歳の少年が食べるだけの動画1つで20万円以上稼いだ話

http://www.flickr.com/photos/68695848@N00/20619135

photo by savagecorp

韓国の14歳の少年が食べるだけの動画1つで20万円以上稼いだ話

韓国の動画ライブ配信サイトでは、自分の食べる姿を配信して視聴者と交流するスタイルの動画が、数年前から流行っているらしい。下記記事は、14歳の韓国の少年について取材した記事です。

www.news.com.au

韓国の動画ライブ配信サイト、アフリカTVで自分の食べる動画をライブ配信しているのは、14歳のキム・スンジン(Kim-sungjing)という少年で、デリバリーのピザや中華、フライドチキンを注文して、食べる姿を配信しています。
そして、数百、時には数千の10代の視聴者が見る中で、食事をしながら視聴者とのおしゃべりを楽しむのです。

そんな彼が、一番稼いだ動画1つで、稼いだ額はと言うと、なんと2,300オーストラリアドル(オーストラリアの記事です)、つまり2300ドル掛ける87円としますと、20万100円ほどですね。

食べるだけの動画でここまで稼ぐとは凄まじいですよね。
でも人が美味しそうに食べているのを見るのが好きというのは、日本でも結構いると思うんですよね。グルメ番組しかり、そして深夜グルメドラマなんてジャンルが日本でもマニア受けしていますからね。

日本でも食べるだけの動画やライブ配信をすれば、流行しないでしょうかね?
うーん、でもここまでのチャンネルになるのには、相当の時間がかかったようです。
彼は、11歳の時から配信を始めて、時には友達を呼んで一緒にカメラの前で食べたり、女装をして食事をしてみたりと工夫もしながらここまでやってきたようです。


そして、なぜ彼が配信を始めたかについてですが、彼が配信を始めた理由というのが、元々は一緒にご飯を食べてくれる人を探すためだったんですよ。
両親は離れた場所で働いていて、彼は祖父母と一緒に住んでいるために、ご飯の時間が早くて、それで仕方なく夜に一人でご飯を食べるという事情があったようです。大体、10時以降に配信では食事をしているようです。

うーん、14歳という若いからこそできる夜中の食事配信ですよね。
しかし、この深夜に美味しそうなものを見るという文化、日本にもあるのではないでしょうかね。そう、深夜のちょうど空腹になってくる時間帯に美味しそうな食事の写真やらビデオ配信を見せられると、これは飯テロ!なんて言われますよね。
ちょうど、時間帯とそういう文化がマッチしたのも動画の成功の要因なんじゃないでしょうかね。結構美味しそうに見える時間帯、頻度が重要かもしれませんね。

厉害了!韩国14岁少年网络直播吃饭 每天挣上万元_新蓝网

これは、中国の記事ですが、一日平均の動画配信の収入が掲載されています。
なんと、その額は、10036元、日本円だと19円を掛けて、19万684円です。
うーん、毎日19万円以上、食べるだけで・・、芸能人か!って感じですが。
まあ動画配信も芸能人のようなものと考えれば、そういうものなのかなとも思えますよね。

最高で20万円ちょい、毎日19万円・・うーん、羨ましい限りですよね。