海外ミニマリストを見てミニマリズムとは何かを考えた

http://www.flickr.com/photos/29906971@N08/6823852082

photo by LilaCheck

海外ミニマリストを見てミニマリズムとは何かを考えた

最初に言うと私はミニマリストではありません。
ただ、はてなブログ内であまりにもミニマリズムという言葉を見かける機会が多く気になって、ミニマリストのブログやYoutubeチャンネル等を色々と見てみたのです。
ミニマリストへの質問等の動画を見ていると、ミニマリズムと倹約家は何が違うのか?だとか、ミニマリズムと整理整頓の関係は?等色々な質問が投げかけられていました。
そのような質問の中で印象に残っているのが、ミニマリズムの定義というのは、人によっても異なるし、様々に解釈がされるのでこういうものだとは、簡単にまとめて言うことは出来ないと言う言葉だったんですね。

ずいぶんと曖昧な定義と思われるかもしれませんが、私は、この部分にミニマリズムとは何かという本質部分があるのではないか?と考えました。

ミニマリズムの実践は個人の価値観をベースとして行われるのでは?

ミニマリズムは、形式としてまず部屋のいらないものを全て捨てて、家具はシンプルなデザインのものとして・・等の形式として定まっているものではなく、個人の価値観に基づいて、最小限の物で最大限の充足感で満たされようというものではないのか?と思うのです。

海外ミニマリストを見て思うのが、
1 決して貧しそうに見えない
2 シンプルだけどダサくない家具や日用品で、結構おしゃれ
3 我慢はしていない、無理はしない

最低限の数の身の回りの品で、十分に生活の充足感を満たす感じです。
決して我慢して、節約してって悲壮感は出ていないんですね。
という事は、この物品の選択は結構難易度が高そうですね。

http://www.flickr.com/photos/10450498@N06/4534517300

photo by IDA Interior LifeStyle

ミニマリストの物選びは結構要求水準が高そう

高価な物は買わない⇒物欲は際限が無いから。
安ければいいのではなく、あくまでシンプルでもデザインにセンスがあり機能性に優れ、要はコストパフォーマンスが高いものである必要があるようです。
海外ミニマリストの部屋は、シンプルなデザインのもので統一されながらも貧乏臭くは決してなく、センスを感じさせる部屋が多いですね。

海外ミニマリストは意外と買い物をします。お洒落もします。
無駄なもの、コストパフォーマンスの低いものは買わないだけです。
IKEA、無印の家具はコンセプト的にシンプルライフに合っていそうですね。

http://www.flickr.com/photos/28259320@N07/4473976960

photo by TomBorowski

なぜ安くてもファンシーな見た目ではいけないのだろう?
コレクター性を感じさせるものは避けているのではないでしょうか。
奇抜なデザインや配色にこだわり始めると、他のそれに合うものも欲しくなり始めて、それは物質主義につながるからではないでしょうかね。

ミニマリストお勧めの服やカバンも簡素な見た目のものが多いです。
でも決してダサくはないんですよ。

ミニマリストは過去でも未来でもなく今を楽しむスタイルか

物質主義による欲には際限が無く、これでは現在をあるがままにゆったりと生きれない。この物質主義による欲は未来への執着につながるのかなと。
そして過去への執着心は現在に生きることを許さない。
だから思い出の品を処分しようという話題がミニマリストの間で出るのでしょうね。
今をありのままに生きるシンプルライフなミニマリズム

http://www.flickr.com/photos/28145073@N08/5238574678

photo by Moyan_Brenn

ミニマリズムは方法論ではなく、精神的なあり方であるということでは?
情報過多は迷いを生み、選択肢がありすぎて満足度が減るらしいんです。
どういう事かといいますと、アメリカの実験で、何種類かの味のキャンディーを被験者にレビューしてもらうという名目で集めて行った実験があるんです。
キャンディーが数十種類あるときよりも、数種類だけの場合のほうが被験者の満足度が高かったのです。つまり選択肢が多すぎると他にもっと良いものがあるのではと考えてしまうようなんですね。
迷いは将来への渇望や不安を生み現在の生活を楽しめなくします。
中には個人の精神的なあり方の選択から、テレビや雑誌を一切立つ方もいるようです。
これは選択肢が多すぎて現在の生活と言う視点からの充足感が得られなくなる恐れがあると考えて、その選択を選んだと言うことであり、ミニマリズムならば、テレビ、雑誌は放棄すべきと言う形式主義的な選択ではないと思うのです。
ミニマリズムが一概にこうだと言えないのは、個人の価値観をベースに自身で形作っていくものだからではないのでしょうか?例えば、最低限、テレビは必要で朝のニュースだけ見ようと、それが生活の最低限の充足感の部分に入るものであればテレビはその部分でミニマリズムと相反するものではないと思うのですね。

あくまでも少ない物でお気に入りのシンプルな生活を楽しむって事なのかなと。

はてなで見かける清貧系、貧乏系ミニマリストはどうなのか?

我慢や禁欲がある時点で自分らしくあるがままに生きられていないのではないかと。
海外ミニマリストさんは、シンプルでもセンスのよい家財でまとめられ、余計な備品などは全く置いていませんでした。あるミニマリストさんは、家財はほぼレンタルでアパートを借りていると言っていましたが、やはり生活の用を十分に足し不便が無い状態が必要なのじゃないかと思うんです。その部分を最低限満たしつつやり方は色々あると思うんですね。

海外ミニマリストさんを見ますと、やはり我慢や禁欲でフラストレーションが発生するなら、それはちょっとミニマリズムから外れるんじゃないかなと。

日本のミニマリズムは、ひょっとすると、わびさびを尊ぶ精神と混同されている部分があるのではないでしょうか?
わびしい感じがいいとか風雪に耐える盆栽の曲がり具合がいいとか、日本には欧米とは少し違う感覚があり、そういう部分がミニマリズムに影響を与えているのかなと。

まとめると、

充足感を追い求めすぎるでもなく不足して渇望するわけでもなく、ちょうど良いポジションを生活スタイルの中で追い求めていく、そういうスタイルや思想がミニマリズムなのかなと感じたのです。