読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカのウェブデザイナーの年収について調べてみたよ

http://www.flickr.com/photos/74105777@N00/5818096043

photo by adactio

アメリカのウェブデザイナーの年収について調べてみたよ

今回はアメリカのウェブデザイナーの平均年収について調べてみました。
アメリカでの注目の要素として、地理的要因が年収に大きく影響し、
その次にキャリアの年数が影響するという状況があるようです。
サンフランシスコでは、国家平均よりも38%平均年収が高いようです。
ちなみにワシントンだと22%、ニューヨークで18%。
とある調査では、男女比は男性が58%、女性42%の比率だったようです。

さて、こちらがアメリカのウェブデザイナーの平均年収になります。

Web Designer Salary (United States)
PayScale
 
Compare your salary. Get a FREE salary report »

45,784ドルに120円を掛けますと、549万4080円が平均年収になります。

その後のキャリアとして、ウェブデベロッパー、シニアウェブデザイナー、デザイナー兼デベロッパー、グラフィックデザイナー等が書かれています。
収入に影響を与えるスキルの1位がUIデザイン、2位がHTML5でした。

次に比較としてカナダ

PayScale
 
Compare your salary. Get a FREE salary report »

カナダドルは1ドルが現在約95円なので、
45,274ドルに95円を掛けますと、430万1030円が平均年収となります。
アメリカと違い地理的要因でそれほど平均年収に変動は無いようです。
エドモントンが平均より7%高いというのが最高値。
男女比は男性61%、女性39%。
収入に影響を与えるスキルの1位はE-commerceに関するもの、2位はWeb developmentと書かれています。

次に比較としてイギリス

Web Designer Salary (United Kingdom)
PayScale
 
Compare your salary. Get a FREE salary report »

ユーロで表が出てきていますが、現在1ユーロが138円なので、
22,445ユーロに138円を掛けますと、309万7410円が平均年収になります。
地理的要因もそこそこ関係があり、ロンドンは平均より18%高い、ブリストルは15%高いようです。バーミンガムはー14%。
男女比は男性77%、女性23%と男性がかなり多めですね。
収入に影響を与えるスキルの1位はUIデザイン、2位はグラフィックデザインでした。

 

さて、比較のため、カナダ、イギリスも見てみました。
と言うのは、以前、アメリカのプログラマーの方の相談スレッドをRedditという英語掲示板で何気なく見ていたところ、話の流れで収入の話が出まして、高いのはアメリカだけだろ?とイギリスの方が言って自分の収入と比較していましたので、少し調べてみようと思ったのです。結果はこのような感じでした。
やはりアメリカはweb関係の仕事は、アメリカ以外の国より大分収入的には恵まれているということなのでしょうか?

さて、今回はWebデザイナーのアメリカでの年収について調べてみました。