読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リスニング初心者は何から始めればいいだろうか

http://www.flickr.com/photos/69494845@N00/3840302696

photo by La Gata Loca

英語リスニングの本当の初心者は何から始めたら良いのだろう

新しい物事に全く初めて挑戦する時、どこから手をつけてよいのか分からず、あまりに膨大すぎると思える分量、複雑さに圧倒されてどうして良いか分からない。
結局、始めるまでに時間がかかってしまう。これで良いのか、方法は間違っていないだろうかと不安になる、そんな不安感が英語のリスニングに始めて挑戦する人にもあるかもしれませんね。そんな不安の解消や一つの解決策になればと、私が初心者レベルからリスニング力をあげた方法をご紹介しますね。

最初は発音の練習から始めるのが良いですよ

一つの名言がありまして、「発音できる音は聴き取れる」というものです。
これは、やってみれば分かると思うのですが、かなり真実ですね。
数年前にTOEICを始めて受けた時に、単語レベルから発音の練習を1ヶ月ほどかけてやったのですが、かなりリスニング力は改善されましたね。
発音が分かるようになると、リスニングでも分析しながらこの音はどういう風に音を出しているのだろうと、そういう癖がつくんですね。
こうなるとどんどんとリスニング力は向上しますね。
まず発音が分からないと物差しが無いんですね。
おそらく何となく聴いている状態に陥りやすいのだと思います。

発音の練習に使った教材としては、数年前に流行したこちらの本

英語耳

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

 

 このシリーズを使いましたね。
別にこの本では無くても自分が使いやすければ何の本でも良いと思いますけどね。
発音の練習と同時にリスニングも簡単なものから聴き始めました。

 リスニングはこちらの本が導入編としては最適かと思います。

CD付 究極の英語リスニング Vol.1 ― SVL 1000語レベルで1万語[最初の1000語] (究極シリーズ)

CD付 究極の英語リスニング Vol.1 ― SVL 1000語レベルで1万語[最初の1000語] (究極シリーズ)

 
究極の英語リスニング Vol.2―SVL(Standard Vocabulary List) (2)

究極の英語リスニング Vol.2―SVL(Standard Vocabulary List) (2)

 

 レベルは4までありますが、とりあえず1,2で慣らすのが良いですね。
正直TOEICのリスニングとは内容的にはあまり関係が無く、日常的な話題のリスニングなのですが、初級編としては最適だと思います。
最初は、大学受験レベルの単語の発音をすべてチェックすることから英語耳で始めて、リスニング自体はそこまで時間がとれず、流す程度に聴いていたので、この教材は一話一話もそれほど長くなくて最適だったのもありました。

 

さて、少しリスニング教材の事にも触れましたが、とにかくリスニング初心者の方、リスニングに自信がない方には、まず単語レベルから発音の練習をするのはお勧めですという話でした。

以上