Glosbeで英語以外の言語を即効で日常会話レベルにする

f:id:amateur-challenger:20150722222701j:plain

(Picture: teo_ladodicivideo | Flickr - Photo Sharing!)

オンライン辞書のGlosbeを使って英語以外の言語を学ぶ

オンラインのネット辞書のGlosbeという辞書をご存知でしょうか?
このネット辞書が使い方によっては結構使えるんです。

紹介の前に、事前の情報として以下の事を話しておきますね。

語学の勉強法の一つとして一つの短い文章の言い換えを行う訓練法があります。
例えば、以下のような方法で訓練に使われます。

「行く」と言う単語があるとしますよね。

そして、次のような文章があります。

今日、学校に行きました。

この一部分を変えて、今日、学校へ行くつもりです。
という形に変えてくださいと言われます。

これって英会話の学校の初級のクラスなんかで結構ないですか?
正直に言うと私は、英語ではなく中国語教室にしか行ったことがないのですが。
ですがこの形式の訓練を受けました。
一部をどんどんと変化させていく訓練法ですね。

これって一人で出来ないでしょうかね?
完全に再現は出来ないのですが、少し近い形式の事なら出来ます。

 

さて、話をGlosbeに戻します。

Glosbeはオンラインの多言語辞書です。
例えば、日ー仏の組み合わせを選択して「歩く」という単語を入れて検索すると、
歩くに対応する仏語単語と「歩く」という言葉を含む例文が下のほうにずらっと出てきます。

この例文がかなり使えます。
なぜなら似ている例文が結構な量出てくるので、しばらく暗記した後で、
瞬間英作文の要領でぱっと変換させていく訓練に非常に役に立つのです。

ただし、注意点としては極まれに間違いがあるので、
使えるのは文法を一通り学んだ後の人が対象になります。
まあすぐに分かる程度の間違いなので大丈夫ですよ。
外国人が日本語を翻訳したものを集めたサイトであるからというのが、
その間違いがたまにある理由なんですが、
私はこのサイトを重視するのがそこなんですね。
ネイティブが自分の感覚で語彙を選んで訳しているので、辞書サイトや紙の辞書を見ていて、これ本当に使われている表現なのかな・・?という事を気に病む必要がないからなんです。
しかも、まあ勉強していればすぐに分かるような間違いなので、その例文だけ無視すればいい事なので大した問題ではありませんしね。

他にも面白い辞書サイトはあるのですが、この使い方にはこれが良いかなと。
ちなみに何故、このサイトの英語辞書だとこの使い方が出来ないかと言うと、
あまりに難しい例文が大量に引っかかってしまうからです。
この使い方では、フランス語、スペイン語、ドイツ語等のヨーロッパ系言語がお勧めです。
適度に簡単で類似した例文がたくさん出てきます。

このサイトです:https://ja.glosbe.com/ja/fr/

適当に単語を入れてみて、例文を見てください。
結構使えそうじゃないですか?

f:id:amateur-challenger:20150722231033p:plain

左上の辞書という部分から、他の言語も選択できます。
結構使えるかなと個人的には思いますので是非。